ジーンズ・ジーパン・デニムのリペア (直し、補修、修理)・リメイク・ダメージ加工・カスタム・オリジナルジーンズのご提案は、「和こころ」 にお任せください。

〒510-0233 三重県鈴鹿市東江島町20-7

 FAX:059-358-5780
E-mail:wacocoro@amail.plala.or.jp

全国対応お気軽にご相談ください!

059-358-5780

受付時間:9:00〜19:00 (日曜日を除く)

リベット・ボタン  修理&再利用取付

リベット・ネオバーボタンの修理&再利用取付

ジーンズリペア

デニムのリペアやカスタム、シルエット変更やサイズ変更に伴う作業として、一旦外したリベットは再利用をして、取付直しています。もちろん、基本的にリベットの再利用取付は無料です。

WACOCOROでは、創業当初より、リベットの再利用取付に関しては、強い拘りをもって取り組んでいます。試行錯誤を繰り返し、現在に至っています。
特殊なリベットの除けば、リベットの再利用の成功率は、ほぼ100%です。

作業部分のリベットが他の部分と違うリベットになると、違和感があり、ジーンズの雰囲気を壊してしまいます。
リベットは小さなパーツですが、デニムを構成する非常に大切なアイテムですので、ジーンズのリペアにとって、リベットの再利用は必須だと考えています。

リペアやシルエット変更、サイズ変更に伴う、リベットの再利用取付については、ジーンズリペアのページにて、多くの事例をご紹介していますので、そちらもご覧ください。

リペア作業として、ヴィンテージのリベットの再利用のご依頼をとて多く頂いています。ヴィンテージのジーンズでは裏金具が金属の劣化で外れてしまい、表側のリベットだけが、デニムに付いている場合が多くあり、成功率もほぼ100%なので、とても好評をいただいています。ネオバーボタンに関しても、リベットほどの成功率はありませんが、再利用は十分に可能です。是非、お気軽にご相談いただければと思います。また、海外の有名ブランドのデニムでも、製造工程の不具合で、トップボタンが外れてしまう場合があります。そういった場合でも、トップボタンの再利用も可能です。ブランドのネームが刻印されている場合もまった場合は、諦めずに是非、再利用を!

クロムハーツに関しては、移植取付のご依頼も多くいただいています。リベット、ボタン、ネームプレートなど、すべてを取り外し、お気に入りのジーンズに移植する作業です。

但し、ごく稀にリベット自体が劣化や酸化、錆の発生、取り付け具合などにより、再利用できない場合がありますので、その場合はWACOCORO在庫品にて対応させていただきます。
この様な場合も考えて、WACOCOROでは高品質のリベットやネオバーボタンを多種在庫しています。    ☛リベット・ネオバーボタン在庫品☚

クロムハーツ、トゥルーレリジョンなどの特殊なリベット、一般的なリベットでも作業状況により、多少の作業料を頂く場合もあります。

ジーンズリペアのページには、リペアやシルエット変更、サイズ変更などに伴う、リベットのやボタンの再利用を掲載していますので、是非、そちらもご覧ください。

※画像の上でクリックしてください。拡大画像が見られます。

リーバイス(Levi's)・ヴィンテージのリベット再利用取付

ヴィンテージのリベット再利用

ヴィンテージのリベット再利用

リーバイスのヴィンテージデニムです。左画像では普通に何の問題もない様ですが…
裏側を見ると、裏金具がアルミの為、酸化して脆くなり、取れてしまっています。

ヴィンテージリベットの再利用取付

取り外してみると、左画像の様な状態です。
表側のリベットの凹部分に破損した裏金具の凸部分が刺さって埋まっています。

簡単に外れてしまうので、紛失する前に再利用して、確りと取付直しておけば安心して穿いていただけると思います。

他のリベットは大丈夫なのか…
と心配になりますよね!

ヴィンテージのリベット再利用

ヴィンテージのリベット再利用

当然と言えば当然のことですが、ちょっとストレスを与えるだけで、簡単に裏金具が取れてしまいます。ヴィンテージに関しては、すべてのリベットを確認することが大切です。

リベットの再利用取付

リベットの再利用取付

やはり、すべてのリベット6個が簡単に外れましたので、再利用の為、凹部分にカシメてある裏金具の凸部分を取り外します。変形させたり、傷付けないように、細心の注意を払います。
この作業が、再利用の良し悪しを決定します。再利用できていても、確りと取り付けられているかどうかが、大切なポイントになるからです。

ヴィンテージのリベット再利用

ヴィンテージのリベット再利用

すべてのリベットを、確りと再利用取付できました!取り付ける段階でも、変形させたり、傷をつけないように、集中して作業します。

ヴィンテージのリベット再利用

ヴィンテージのリベット再利用

ヴィンテージのリベット再利用

ヴィンテージのリベット再利用

アップでご覧いただいても、変形や傷も無く、綺麗に取付できていると思います。リーバイスのヴィンテージの場合、このパターンがとても多いのですが、成功率はほぼ100%です。

ヴィンテージのリベット再利用

ヴィンテージのリベット再利用

裏金具は新品を使用しますので、強度は必要十分です。これからは安心して穿いていただけると思います。

サイズ変更に伴う、貫通式打抜きリベットの表裏の再利用取付

リベットの再利用取付

リベットの再利用取付

この画像はウエストの詰めに伴い、取り外したリベットを再利用し、取り付け直します。
貫通式打抜きリベットの場合は、裏金具の凸部分が表側に出ますので、表裏の再利用が基本となります。

リベットの再利用取付

このデニムはMOMOTARO JEANSなので、裏金具に桃の刻印が入っています。
当然ですが、再利用したいですよね。

裏表とも、傷や歪みもなく綺麗に再利用できていると思います。

MOMOTARO JEANSは多くのご依頼を頂くので、もう一つのサンプルをご覧ください。
 

リベットの再利用取付

リベットの再利用取付

この画像はウエストベルトを下に下げて、ローライズ加工をしています。赤矢印が再利用したリベットの表側と裏側です。隣のオリジナルと比べても違和感のない綺麗な仕上がりだと思います。

ヴィンテージ:デッドストックのジーンズ:リベットすべて再利用取付

デッドストックのリベット再利用

デッドストックのリベット再利用

表からは普通に見えても、裏から見ると裏金具が劣化して破損しています。デッドストックなので、当然ですが、すべて同じような状態です。すべて取り外し、再利用取付をします。

デッドストックのリベット再利用

デッドストックのリベット再利用

デッドストックについては、注意が必要です。特に裏金具がアルミ製の場合、かなり劣化しているものと思われますので、穿く前に一度確認することをお勧めします。
ご不明な点や、聞きたいことなどがございましたら、お気軽にご相談ください。(^^)

シルエット変更に伴う、特殊リベットの再利用取付

リベット再利用

リベット再利用

上記画像は作業前の表と裏の画像です。表側のリベットは普通のタイプですが、裏金具には微妙な曲線があり、通常よりも厚みがあります。多種多様なリベットの再利用取付に真剣に向き合っていますので、その経験が力になります。

             それでは、作業後の画像をご覧ください。

リベット再利用

リベット再利用

リベット再利用

リベット再利用

表、裏ともに綺麗に再利用できました。コインポケットのリベットと比較しても、違和感のない仕上がりだと思います。リベットはデニムを構成する大切なパーツですね。

外れてしまったトップボタンの再利用取付

トップボタンの再利用

トップボタンが取付部分から完全に外れてしまったパターンです。取付部分を確りとリペアし、必要十分な強度を持たせます。

ボタンは裏金具がトップボタンに付いたままなので、これを破損しない様に、丁寧に取り外します。取付よりもこの取外しの作業がポイントです。再利用の良し悪しが決まります。

トップボタンの再利用

トップボタンの再利用

綺麗に再利用できました。トップボタンはデニムの“顔”と言ってもいいパーツです。再利用がベストです!オシャレなボタン! 成功して良かったです!

前ポケットの解体リペアに伴う、貫通式打抜きリベットの表裏の再利用取付

リベットの再利用取付

リベットの再利用取付

前ポケットの入口を解体リペアし、同時にポケットのスレキ(袋布)を全交換しましたので、
リベット4個はすべて、一旦取り外して、再構築の作業後に再利用しています。

リベットの再利用取付

貫通式打抜きリベットの場合は、表裏共に再利用が基本です。裏金具がにはメーカーの刻印などがある場合が多いので、妥協はできません。

ポイントとしては、必要十分な強度で取り付ける為には、適度の力を加えることが必要なのですが…刻印を潰さないことです。

リベットの再利用にとって大切なことは、取り外す段階で、いかに綺麗に外せるかにかかっていることです。

 

Gジャンのカフスリペアに伴う、ネオバーボタンの再利用取付

Gジャンのボタン再利用

Gジャンのボタン再利用

Gジャンのカフスを解体してリペアする場合、ボタンを取り外すことが必須となります。
当然ですが、ボタンは再利用がベストです。

Gジャンのボタン再利用

Gジャンのボタン再利用

左右共に再利用できました。超アップ画像でも合格点です。
袖口のリペアも綺麗に仕上がっていますよね!(^^)/

クロムハーツ(CHROME HEARTS) ボタン、リベット、プレートの再利用

リベット再利用取付

リベット再利用取付

クロムハーツのブラックデニム!ボタン、リベット、バックポケットのプレートを全てブルーデニムに移植します。        

リベット再利用取付

リベット再利用取付

アップでもご覧ください。

リベット再利用取付

リベット再利用取付

超アップで!

リベット再利用取付

リベット再利用取付

クロムハーツは超が付く特殊で、難易度最高レベルですが、経験を積んでいるので、成功率もかなり高くなりました。傷、変形、歪みもなく綺麗に仕上がっていると思います。
フロントボタンに関しては、マイナスねじ式なので、取り外しも可能ですが、ネジが固くて回らない場合がありますので、その際は決して無理しないで下さい。ネジ山が舐めてしまいますので、要注意です。

リベットの再利用取付

裏金具は新品の金具を使っています。オリジナルでは、取付強度に問題があります。
裏から見ても綺麗に取り付けることも大切です。

クロムハーツ(CHROME HEARTS) ボタン、リベット、プレートの移植

リベット再利用取付

リベット再利用取付

取り外したクロムハーツのボタン、リベット、バックポケットのプレートを移植します。

リベット再利用取付

リベット再利用取付

リベット再利用取付

リベット再利用取付

綺麗に取付できていると思います。もちろん、傷や歪みを付けない様に、細心の注意をして作業をしています。

リベットの再利用取付

裏から見ても綺麗に取付できていると思います。もちろん、取付強度は必要十分です。

極厚デニムのシルエット変更に伴う、リベットの再利用

リベット再利用

リベット再利用

左右の前ポケットリベットを再利用しています。IRON HEARTの25オンスデニムなので、超極厚ですが、再利用は可能です。

リベット再利用

リベット再利用

赤矢印が再利用したリベットの裏金具です。取付強度を考え、裏金具は新品を使用しました。
右画像は一旦取り外したリベットです。綺麗に取り外しができていると思いますが、この段階がとても重要です。綺麗に取り外してこそ、再利用がベストな状態で仕上げることが出来ると考えています。

Leeのサイズ変更に伴う、リベットの再利用

リベット再利用

リベット再利用

Leeのウエスト詰めに伴い、リベットの再利用をしています。Leeは低く潰れる貫通式打抜きリベットなので、下金具は新品を仕様しています。成功率は一般的なリベット比べると低くなってしまいます。取り外しの段階が、すべてを左右しますが、綺麗に再利用ができました。

リベット再利用

リベット再利用

赤矢印が再利用した裏金具です。右画像は再利用したリベットのアップ画像です。

Leeの前ポケット解体リペアに伴う、リベットの再利用

リベットの再利用

リベットの再利用

前ポケット入口の解体リペアに伴い、リベットを再利用しています。デニムはLeeなので、
低く潰れる貫通式打抜きリベットとなります。リベットの再利用としては、難易度が非常に高いので、成功率も少し低くなってしまいます。このタイプのリベットの再利用では、裏金具は新品を使っています。それでは、下記アップ画像をご覧ください。

リベットの再利用

リベットの再利用

3個中の1個に傷と歪みが出てしましました。左画像では綺麗に仕上がっていますが、右画像のリベットは傷と歪みが出ています。この原因は分かっているので、細心の注意をしているのですが…もちろん、新しい対策は考えていますので、1%でも成功率を上げられるように、試行錯誤を繰り返していきます。

お尻全面補強に伴う、リベットの再利用

リベット再利用

リベット再利用

お尻全体を補強するために、左右の後ろポケットは完全に取り外すので、4個のリベットはすべて再利用して取付直しています。

リベット再利用

リベット再利用

後ろポケットの角に付いているリベットが再利用です。左側のオリジナルと比較しても、違和感のない綺麗な仕上がりだと思います。右画像、裏金具は再利用も可能でしたが、取付強度を考え、4個すべて新品を使用しました。強度不足でリベットが外れてしまっては、再利用の意味がなくなってしまうので、無理は出来ません。

リベットは多種多様ですが、いくつかのパターンがありますので、すべてに対応できるように、試行錯誤を繰り返し、成功率を少しでも上げたいと考えます。

外れてしまったボタンの再利用

ボタン再利用

ボタン再利用

ボタンはメーカーオリジナルで、刻印のあるものが多いので、特に特徴のあるブランドは、
再利用が大前提ですね。

ボタンの再利用

横からの画像ですが、確りと取付ができていると思います。再利用で大切なことは、傷や変形をさせないこと!再利用だからと言って、手を抜くことは決してありません。

外れてしまったボタンの再利用

ボタン再利用

ボタン再利用

アルマーニのボタン。これは再利用必須ですね。

ボタンの再利用

傷もつけず、歪みもなく、綺麗に再利用ができたと思います。もちろん、上記もですが、取り付け部分には、必要十分な補強を入れていますので、安心して使ってください。

Lee:ヴィンテージボタンの移植取付:極高難易度レベル

ヴィンテーボタンの再利用取付

ヴィンテーボタンの再利用取付

黄色➡のボタンを赤矢印➡のボタンを外して、移植取付をしています。
右画像左のボタンが外したボタンで、Gジャンの他のボタンと比べ、かなり色が薄いので、
移植をさせていただきました。

ヴィンテーボタンの再利用取付

ヴィンテーボタンの再利用取付

傷や変形などもなく、綺麗に取付できていると思います。尚且つ!今回の最大のポイントは、
裏金具も再利用していることです。かなり難易度は高いですが、成功出来て本当に良かった!

リベットの裏表の再利用取付

リベットの再利用

リベットの再利用

コインポケットのリペアに伴い、外したリベットを再利用しています。

リベットの再利用取付

もちろん、裏金具も再利用しています。裏金具には刻印がしてあるものが多いので、基本的に裏金具も再利用が基本だと考えます。

外れたボタンの再利用

トップボタンの再利用取付

トップボタンの再利用取付

裏金具がボタンに付いたまま、デニム生地が破れて、外れた例です。
デニムはヤヌーク(YANUK)

トップボタンの再利用取付

ボタンを元通りに、綺麗に取り付けるのは、当然ですが、取り付け部分に必要十分な補強をすることも大切です。これで大丈夫ですので、安心して穿いてください。

外れたボタンの再利用

トップボタンの再利用取付

トップボタンの再利用取付

上記と全く同じパターンです。デニムはトゥルーレリジョン(TRUE RELIGION)です。

ボタンの再利用取付

ボタンの再利用取付

綺麗にしっかりと取付できていると思います。これで安心して穿いてもらえますね!(^^)/

外れたボタンの再利用

トップボタンの再利用取付

トップボタンの再利用取付

デニムは上記と同じトゥルーレリジョン(TRUE RELIGION)です。裏金具がなく、外れたボタンを付け直しています。

トップボタンの再利用取付

裏金具はWACOCORO在庫品の中から、ベストなパーツを選択し取り付けています。
ガンガン使ってください。大丈夫です!!!

WACOCOROでは多種多様なリベットやボタンに対応する為、非常に多くの関連部品を在庫しています。

お気軽にご相談ください! (^^)/

外れたボタンの再利用

トップボタンの再利用取付

トップボタンの再利用取付

新品のジーンズでも、ボタンの取付不良により、外れてしまうボタンもあります。
ボタンによって取付方法は数種類ありますので、いろいろなパターンに対応できるようにしていますので、諦めずに是非、WACOCOROにご相談ください。

トップボタンの再利用取付

二本爪でカシメるタイプです。取付強度を考えて、二本爪は新品を使用します。

左画像の様に、薄革をはさむのも、強度を上げる一つの方法です。今回はオリジナルを活かしました。

後ろポケットのダメージリペアに伴う、特殊リベットの再利用

リベットの再利用取付

リベットの再利用取付

後ろポケットの角、取付部分のダメージリペアをする場合、ポケットのステッチを解き、リペア&補強後に再構築して仕上げますので、リベットの再利用が必須となります。
ワークパンツなどに良く見られるリベットですが、もちろん、再利用はOKです!

リベットの再利用取付

裏から見ても綺麗にリペアできていると思います。裏金具は新品を利用しています。

この部分は特に強いテンションがかかりますので、必要十分な強度が必須となります。

ネオバーボタン(ドーナツボタン)の移植取付

ネオバーボタンの再利用取付

ネオバーボタンの再利用取付

無くなってしまったボタンを他のデニムから移植して取付ます。一般のデニムはもちろんですが、ヴィンテージのボタンやリベットを他のデニムから移植することも可能です。

ネオバーボタンの再利用取付

取り付け部分には、確りと補強が入っているのが分かると思います。トップボタンは強いテンションが常時かかっているので、移植には取り付け部分の強度確保がとても大切です。

Lee ボタンの再利用

デニムボタン再利用

デニムボタン再利用

オーバーオールのバックルを引っかけるボタンです。
裏金具がボタン本体に付いたまま、生地が劣化して、今にも外れそうです。

デニムボタン再利用

デニムボタン再利用

ボタンを取り付ける部分には、確りとリペアと補強を入れていますので、
安心して使ってもらえると思います。
オーバーオールですので、テンションがずっとかかりますからね。

デニムボタン再利用

このLeeのボタンは、二本爪タイプで、ボタンの中でクリンチします。
取付よりも、ボタンから下金具を取り外すのが、とても難しいです。
この作業がすべてを決めると言っても過言ではありません。ボタンには、傷や変形が無いように、慎重な作業を心がけています。下金具は、取付強度を考え、新品を使用しました。

LEVI'S リベットの移植再利用

デニムボタン再利用

ヴィンテージのスタジャンです。
サイドポケットのリベットが、外れていて、無くなっています。

デニムのリベットを利用して、移植再利用!

デニムボタン再利用

デニムボタン再利用

LEVI'Sのリベットですが、一回り大きなサイズでしたが、
問題なく綺麗に移植完了です! リベットがあると、無いとじゃ、
大違いですね! カッコいいです!(^^♪

Wrangler ボタンの移植

デニムボタン再利用

明らかに付いている場所がちょっと変ですね。
矢印の位置に移植します。

取付よりも、取り外しが重要です!

デニムボタン再利用

デニムボタン再利用

綺麗に移植ができました!
下金具は新品を使いましたので、強度はバッチです。

お問合せはこちら

ジーンズリペア

親切、丁寧な対応を心がけております。 お問合せをお待ちしております。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

059-358-5780

受付時間:9:00~19:00(日曜日を除く)

※土曜、祝日の営業については、サイドバーのカレンダーまたはお電話にてご確認ください。

※事前にご連絡を頂ければ、可能な範囲で日曜日のご来店、時間外の受付も対応させて頂きます。お気軽にご相談ください。

雑誌の記事やカタログ等の写真を添付して頂き「こんなのできますか?」でも結構です。件名(お問合せ)の後にフルネームでお名前をお願いします。

ジーンズ・ジーパン・デニムのリペア (直し、補修、修理)・リメイク・ダメージ加工・
カスタム・オリジナルジーンズのご提案は、ジーンズリペア&カスタムの「和こころ」にお任せください。“手作業のぬくもり”を大切にし、大量生産では決してできないモノ創りを目指しています。

三重県から全国対応。岐阜県、名古屋、京都、奈良、和歌山、滋賀など、近郊にお住いの方はお気軽にお越しください。和柄・和風がお好きな方もどうぞ。

2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
定休日
2020年6月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
定休日

納期について

約2~2.5ヶ月ほど頂いております。但し、リペアやカスタムの内容により、前後する場合もございます。簡単なリペアでしたら、到着後1週間程度で発送可能です。
チェーンステッチ裾上げは、午前中に届けば、当日出荷も可能です。
可能な限り、ご都合に合わせて対応致しますので、お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

ご連絡先はこちら

ジーンズリペア&カスタム
和こころ:WACOCORO

059-358-5780

059-358-5780

wacocoro@amail.plala.or.jp

受付時間:9:00~19:00
(日曜日を除く)

〒510-0233
三重県鈴鹿市東江島町20-7

代表:板倉伸二

代表者ごあいさつはこちら

店舗(マップ)はこちら